Somei's Vision

災害時にも光触媒は活躍できる。

光触媒が貢献できる分野はきっと広く、いろいろな人たちと一緒になって取り組んでいきたい。

唐突ですが、光触媒は空気清浄機のように空気の浄化に活用する以外に、実は水の浄化にも活用することができるんです。当社でもこの研究を一生けん命やっています。

水は分野が広くて、それは言い換えると私の夢も果てしなく広がっていることになりまして、例えば学校のプール。冬になると藻が浮いて緑色でしょ?
いつかプールの水を1年中透明な水にしたいというのもひとつの夢です。
あとは皇居の池を透明な水にしたいなとずっと思っています。日本の代表的な池が濁っているとやっぱり少し恥ずかしい。きれいにして鯉でも泳がせばすごくイメージが変わるはずです。

非常用トイレに光触媒を。

今話題のSDGs。17の目標がありますが、その6番目は「安全な水とトイレを世界中に」です。
じつは、あるベンチャー企業とのコラボで、非常用の水洗トイレの開発を目指しています。
水を再生して水洗トイレに使おうということです。
現時点での技術では大きな浄化槽がないとできません。
大きな浄化施設があれば川の水でも水道水にできますが、狭いトイレの中で手で洗ったり温水便座で使える水作ろうとなると、光触媒の技術が必要なんですね。
とにかくこの1年はしっかりデータを集めて、世界に発信していきたいと思います。
光触媒が貢献できる分野はきっと広い。いろいろな人たちと一緒になって取り組んでいきたいです。

コンテンツのご感想・ご要望を
お聞かせください。
ページトップへ